チャリで通勤!週末は坂へ!
by vitamontetsu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


踏む量が足りんヽ(#`Д´)ノ


昨日、シューズを新調。
SIDI GENIUS 6.6 CARBON LITE!
今まで使用していたシマノは、踵のプラスチックが取れて
カーボンソールが削られてしまっている状態。
今までお疲れ様。
ただ、通勤ではもう少し頑張ってもらおうかと思う。

ちなみに、SIDIは、踵のプラスチックが交換できる。
白と青のエナメル素材でちょっと派手でかっこいい(´v`)

昨日はSFR(Slow Frequency Revolution)トレーニングなんてものをしてみた。
実は、やり方をよく知らずにゆっくり重いギアを踏んで筋肉を鍛えるのだろうなと思い、
尾根幹線のある坂を10本、トップギアで、ダンシングを織り交ぜながら踏み踏み。

でも、あとである人に聞いたところ、SFRとは、50回転ぐらいで踏めるギアで
ハンドルには力を加えずにシッティングで踏むのだそうだ。
ペダリングスキルの練習なのだなー

そして!そのある人に、私が平日にやっている、
アップとダウンを入れて40分という練習では、
少なすぎるとの言葉を頂いた。(o゚д゚o/)/







最低でも40分ぐらいは、高い強度で踏まないと駄目。
アップとダウンを入れて1時間以上。
1時間のヒルクライムレースを目標にするなら、
そのレースの時間とスピードに体を慣らしてしまう。
本当は、高い強度で1時間ぐらいしっかりと踏んだ方がよい。
週末200kmぐらいの長距離ライドは体を作るためにはやった方が良い。
クラブランでアタックをしたり、アタックに反応したりして
体に翌日にダメージが残るトレーニングは良くない。
つまらないかもしれないが、我慢する。
週末にクラブランを自由に走りたい、もしくは200kmも走りたくないのなら、
平日の1時間のトレーニングをメインに体作りをした方がよい。
練習をするときに、何を鍛えるのか、目的を持った方がよい。
ヒルクライムで強くなりたいなら、つまらないトレーニングを頑張らないといけない。
トレーニングコースは、本宿〜甲武がおすすめ。下りも心拍を維持するために踏む。

などなど色々とアドバイスを頂いた。
お忙しいところ、有り難うございます。
気合いが入ってきた〜(゛ `-´)/ ガンバルドー





ちなみに、乗鞍6連覇の村山さんは、
平日毎朝出勤前に100km。週末土日各200km。
∑(O_O;)

これはまねできん!
が!とりあえず、毎日1時間踏んでみるぞー
帰宅時間が遅くて踏めないときはスクワット1000回!目標!


11月19日(木) 
 さぼり

11月20日(金)
 自転車通勤往復(片道20分)
 ローラー40分
  15分:アップ
  20分:300〜330W、心拍160〜165回/分
  5分 :ダウン

11月21日(土)
 東八〜連光寺坂上〜尾根幹線(インターバルコースでSFR10回)〜尾根幹線終点〜立川

11月22日(日)
今日は、雨模様だったので、

 ローラー80分
  15分:アップ
  30分:300〜330W、心拍160〜167回/分、ケイデンス85〜90回
  30分:270〜310W、心拍159〜162回/分、ケイデンス85〜90回
  5分 :ダウン

60分間300W切らないように、踏もうかと思いましたが、30分すぎたあたりから、
パワーを維持しようとすると心拍が165を越え、
筋肉も若干きつい雰囲気になってきた。根性で踏み続けることもできたけど、
「目的を持って練習に望め!」という言葉を思い出し、
このペースを維持すると心拍が170を越えて、60分踏み続けることは不可能と思い、
パワーを下げ、心拍を下げて、なんとか60分踏み続けた。

私のパワー値は、エリートのローラーの値だ。
最近はやりのSRMの値とは同じなのかが疑問。
上の良きアドバイザーのあるかたは同じぐらいなのでは、
とおっしゃっていたが、300W近くで60分踏める他のヒルクライマーは、
体重60kgちょいの人で、乗鞍を1時間で登っている。
私の今の実力では、おそらく乗鞍1時間15分。
時間比=パワー比とすると私のパワーは240W。
ということは、パワー計の表示値は、
「エリートローラー×0.80=SRM」ということになる。

つまり、
「エリートローラーで、375W、1時間」(☉ε ⊙ノ)ノ
で乗鞍1時間。

そんなこと、できるのか(゜゜)?!
[PR]
by vitamontetsu | 2009-11-22 17:38
<< 久しぶりの体重、体脂肪率測定! メディオとソリア >>